OMOIDAYS OFFICE

その物語が、一生の思い出にカタチを変える

The smile that you send out returns to you.

今日は明日のために。

今日の小さな出来事でさえも…   思い出すたびに笑顔を咲かす魔法になる。   悲しいことも支えあえれば、いつしかそれは乗り越える力に変わる。   この長い道の先に何があっても、必ずそれは思い出に変わる。   光を見失いそうなこの道の中で、幸せの言葉を知った。   平凡な日々でも重ねていくだけで、必ず笑顔が生まれている。   明日を楽しむた […]

ガラクタ…。

ガラクタ。 ガラクタ=かけがえのない大切なもの。   自分の一番の宝物って、他人から見ればガラクタだったりするんだよね?   だけど、ガラクタに見えたっていいんだ。   自分だけがそれを『宝物』だと知っているから。  

当たり前って何?

あたりまえ。僕らはあたりまえのように毎日を過ごし、あたりまえのように生活している。お腹が減れば食料を取り、喉がかわけば水を飲む。お金が欲しければ働くし、知識を増やしたければ勉強をする。家族がいるのもあたりまえで、友達がいるのもあたりまえだったりする。そして明日が来るのでさえあたりまえである。結局、僕らはそんな事があたりまえなために大切な事たちを忘れてしまっている。もしそれらがあたりまえじゃなくなっ […]

夜空に咲く月に恋して。

夜空に咲く月。 空を見上げて探してた。 どこかにいるキミの姿を…。 見つけたのは、夜空で輝くキミの姿だった。   眩しいくらいに輝くキミは、 優しい笑顔で笑ってた。   ひとりぼっちで浮かぶキミなのに… 寂しいそぶりすら見せずに… キミは綺麗な顔で笑ってた。   手を伸ばしてみても届かない。 背伸びしても近づけない。 叫んでみても聞こえない。   それがボク […]

向日葵が咲くころに。

夏の花といえば、向日葵【ひまわり】   花言葉は(光輝) 暑い夏の象徴とも言える、黄色い向日葵 ただ、見てるだけで元気が湧き出てくる。 凛と咲くその姿が眩しくて、心を穏やかにさえしてくれる。 そして、太陽だけをただ見つめていることから あなただけを見つめています という花言葉もある。 あなただけを見つめています… ただ、気づかないだけで、そんな風に一番自分のことを見てくれている人が実はす […]

寂しさから気づくモノ。

太陽が沈むとふと芽生える。 夜になるとふと感じる。 夏が終わるとふと芽生える。 冬が来るとふと感じる。 【寂しい】というキモチ。 ひとりだから感じる、やりばのないその気持ちが… ただ、ただ、勝手に押し寄せてきて… ただ、ただ、胸を締め付ける。   この世界に… この国に…   この街に… 人なんて溢れかえっているのに… どうして寂しさを感じるのかな。 一人になって… 寂しさを感 […]

誰かのために生きること

降り出し冷たい雨の中、道端でひとりぼっち。 寂しそうに震えていたキミ。   不意に足を止めて、握りしめたキミのそんな白い手はどこか冷たくて…。   そんなキミからこぼれれ落ちる雨の滴は、まるでキミがこぼす涙のようだ。   降りしきる雨に比例して、とめどなくキミの頬を涙がつたう。   それでもキミは何も言わずに、ただ静かに僕を守ろうとしてくれた。   […]

father Day!

ありがとう そんな風に面と向かって感謝を伝えたことはなかったかも知れない。       どこか不器用で、どこかそっけなくて、でも時々あなたがみせる優しさに愛情を感じていました。 ここまで僕が大きくなれたのも、あなたが一家の大黒柱でいてくれたからこそだと思います。       家族を守ってくれているあなたの背中が、僕にはすごく眩しくて… 憧 […]

雨音が奏でる旋律の中で。

キミが気づかせてくれた。   雨の中に映る景色には、たくさんの思い出が隠れている。 雨のにおいが懐かしい記憶と、過ぎ去りし時間を思い出させてくれる。   幼いころは雨に打たれることなんて何も気になんかしてなかった。 ずぶ濡れになってしまうことを恐れることもなかった。   でも、今は…。   大人になった今は雨に濡れてしまうことが恐くなってしまった。 ずぶ濡れ […]

感謝の気持ち。

小さなころの思い出の中にいつもあるのが 大切な母の姿。 生まれてこの方、あなただけを頼りに生きてきました。 あなたがこの世界にいてくれたから 僕は安心してこの世界に生まれてこれました。 どんなことがあっても味方でいてくれて どんなことがあっても助けてくれました。 心から感謝しています。 たくさんの思い出をありがとう。

>OMOIDAYS 

OMOIDAYS 

それは《思い出を作る会社》。時代や場所はいずれ変わりますが…あなたの中の思い出は永遠に変わりません。変わらない思い出は、あなただけの宝物へといつしか姿を変えます。そして‥それはあなたの中で輝き続けていきます。人生という名の物語に、思い出の1ページを差し込むサポートを致します。