夜空に咲く月に恋して。

夜空に咲く月。

空を見上げて探してた。

どこかにいるキミの姿を…。

見つけたのは、夜空で輝くキミの姿だった。

 

眩しいくらいに輝くキミは、

優しい笑顔で笑ってた。

 

ひとりぼっちで浮かぶキミなのに…

寂しいそぶりすら見せずに…

キミは綺麗な顔で笑ってた。

 

手を伸ばしてみても届かない。

背伸びしても近づけない。

叫んでみても聞こえない。

 

それがボクとキミとの距離。

 

そんな距離があっても、キミは暗い世界を歩く僕の足元を照らしていてくれる。

キミは静かに見守っていてくれる。

 

キミがいるから…キミがいてくれたから…

今までもこの先も、ひとりはぐれてしまっても、何も恐れずボクは歩いて行ける。

 

19年のサイクルで同じ表情を見せるキミだから…

今夜のキミは19年前に会ったキミの姿。

 

『また会えたね』

 

あの頃より、ボクは少しくらい成長できてるかな?

あの頃より、ボクはキミに近づけたかな?

 

今度、今夜のキミに会えるのは19年後。

 

その時は、今よりもっと成長して手…今よりも輝やいているから。

 

キミに笑われないように、誇らしく生きていくから。

広告
>OMOIDAYS 

OMOIDAYS 

それは《思い出を作る会社》。時代や場所はいずれ変わりますが…あなたの中の思い出は永遠に変わりません。変わらない思い出は、あなただけの宝物へといつしか姿を変えます。そして‥それはあなたの中で輝き続けていきます。人生という名の物語に、思い出の1ページを差し込むサポートを致します。